私、小野寺由衣はどこにでもいる普通の女子高生。
髪型は黒髪のセミロングで、合唱部に所属している。
結構周りからはおっとりしてる性格だって言われてる。
コンプレックスは胸が小さいことだ。
「はぁ...胸...おおきくならないかなぁ...」
そんなことを考えながら帰宅している最中だった。

道を歩いていると、歩道の向こう側からスマホで誰かと大声で電話を
しながらお姉さんが歩いてきた。
髪は金髪に染めてピアスもつけて、スカートはミニスカート、靴は赤のハイヒールと非常に派手な格好だった。

(うわぁ...あんな大声で話してる....他の人の迷惑とか考えない人なんだろうなぁ....私はああならないようにしないと...)

そんなことを考えながらすれ違うとき、つい少しだけ手がぶつかってしまった。
 
トンッ....。
「あっ...すみませんっ。」
私はとっさに謝りそのまま通り過ぎようとした所、、、
「ちょっとぉ~、なにぶつかってきてんのよ!」
そのお姉さんはスマホをしまうと、突然激怒してきた。
「ご、ごめんなさいっ...」
私はとっさに再度謝った。
「えっ~。あっ...そうだ!ちょうどこの身体も...ちょうどいいんじゃないっ♪」

「えっ?何のお話ですか・・??」

「ううんっ。こっちの話~。それはそうとして、あなたがさっきぶつかったせいで
あたし....腕ひねっちゃったみたいなんですけどっ~。ちょっと、治療手伝いなさいよ!!」
「えっ…!?あっ...ちょっと...」
そう言われると、私は突然腕を引っ張られてそのまま裏路地にあるトイレまで連れていかれてしまった。

「うふふ~♡ここまでくればあ~んしんねっ♪♪」

「ちょ、ちょっと...お姉さん??わ、私早く帰らなきゃ....」

「まぁまぁ~♪そういわずにちょっと楽しいことしましょ♪♪」

「えっ...?お姉さんなにを....きゃっ!?」
突然私は、お姉さんに押し倒された。
「や、、やめてくださいっ・・!!」

「うふふ~♡いいじゃない♪女性同士なんだしっ♪少し楽しみましょっ~!」

「えっ!?ちょ、ちょっと・・・!?」

モミモミ・・・・モミモミ・・・・・。

「あっ...いやっ...んんっ...!!」

「ふふふっ♪いい声であえぐじゃない!結構キレイな声してるわね~?私と違って透き通るような声じゃな~い☆」

「や...やめてくださいっ...!これ以上するなら....警察呼びますよっ...!!」

「ふふっ~♪警察を呼ぶと、あなたが困っちゃうわよ~☆?」

「ど、どういう...」

「こういうことっ♪.....チュッ♡」

「!?!?・・・・突然なに....んんっ!?」
・・・・カクン。
突然私は意識を失った。


「・・・・・・・。・・・・・・おき・・・・・・・。
・・・・・・・・なさいよ。・・・・・・・おきなさいよ?」
だ、誰かの声が聞こえた。
「うっ....ううんっ.....。あ、あれ...?わ、私意識が無くなって...んんっ..?」
私は違和感を覚えた。足がいつもよりスースーするような....声もこんな声だっけ...?
「ちょっとぉ~。目・・・覚めたみたいねぇ~♪♪」
「あっ、お姉さんっ!どういうこ....と.....えっ・・!?わたしっ!?!?」
目の前には私、小野寺由衣がいやらしい顔をして、乳房と恥部をまさぐっていた。。。。
「あははぁ~♡先に楽しませてもらってたからぁ~♪♪あんたの身体...結構いいじゃん♡♡」

「えっ...!?わ、わたしっ!?ど、どういうこと....!?」

「ふふふっ♪あんた...自分の格好見てみなさいよっ~。」

「えっ?私の格好...?ひゃっ!?な、なにこの派手な格好っ!?」

赤いミニスカートにキラキラしたネイルアート。

「えっ!?おっぱいも大きいっ...!?!?」

「あはっ☆ま~だ気づかない~?ほらっ、手鏡貸したげるよぉ~♪」

私は手鏡を覗き込むと.....さっきのお姉さんが深刻そうな顔を浮かべていた...。

「う、うそっ....わ、私がお姉さんにっ.....!?」

「そういうこっと~♪あははぁ~♡たっのし~♡♡クチュクチュ・・・クチュクチュ...アハァン♡♡」

そういいながら、普段の私では考えられないような気持ち悪い顔を浮かべながら、私の声で興奮している私がいた。

「も・・・もとに戻してくださいっ...!わ、私・・・お姉さんの身体・・・」

「えっ~♪?その身体も結構感度いいのよ~?ほらほらぁ~♡♡ぼいんぼい~ん♡♡」

モミモミ・・・・モミモミ・・・

「アヒッ!?....や、やめて....モミモミ....ヒィン!!わ、私の声で...そんな...アァン!」

「あはははぁ~♡結構いい声であえぐじゃ~ん♡♡元わたしぃ~♪♪」

「ってことで!私はあんたの身体で生きていくからぁ~♡♡
わたしの身体ぁ~♡大切に使ってねっ☆☆うっふふ~~♡♡」

「ちょ、ちょっとまっ.....」

「じゃ~ね~☆☆あっはっはっはぁ~~~♡♡」

高らかな笑いと共に大声でスマホ電話をしながら、小野寺由衣は他の人の事も気にせずに歩道を歩いて去っていった。

うひひっ♪さ~て次はどの子にしようかな~♪♪

あっ…あいつらなんていいんじゃないか?

美樹の目線の先には、まだ幼い小学生の男女2人がいた。

「ゆうき君…!公園きたけど、なにして遊ぶ~?」


「あみちゃん!じゃあ、砂場でゾウさんでも作ろっか~♪?」


「わぁーー!ゾウさんっ!!作ろ作ろっ~♪♪」


そんな無邪気な男の子と女の子は怪しい着ぐるみをきた女には気付かなかった。


「うひひっ~。君たち~??ちょっといいかなぁ~?」


「えっ…?お、おねえちゃん…だあれ…?」
あみちゃんが言った。

「えへへへ~?おねえさんわぁ~。バナナがだ~い好きなただの女よ~?」

「あみちゃん…!この人…危ない人だよっ…!
僕の後ろに隠れてっ!!」

「う、うんっ…汗。」

「へぇ~。君…優しいじゃん~♪ちょ~っとおねぇさん、キュンキュンしちゃったぁ~♡」

そういうと、美樹は突然はぁはぁと喘ぎ始めた。


「こ、これ以上近づくなら…防犯ブザー…鳴らしますよ…!」


「わかったわかった~。これ以上は君たち2人には近づかないからぁ~♪
あっ…ちなみに…ゆうき君?…君はバナナは好きかなぁ~??」


「バナナ…ですか?…一応好きな部類ですが…それがなn」


「うふふふ~~♡答えちゃったねっ~☆おね~さんうれしぃ~♡♡
じゃ~あ~♪ばななびぃむ♡♡...ウフッ♡」


その瞬間、美樹の股からゆうき君のあそこへ黒い光が侵入していった。


「な…なにを…ヒィグ!?…えぇ!?
あそこが…くすぐった…ヒャン!!…おねえさん…なにを…」


「うふふ~?おねえさんはゆうきくぅんの身体が欲しくなっちゃったの…アヒィン」

「な、なにを……あああああっ…ビクンビクン!!!」


美樹とゆうきは同時にガクンと崩れ落ちた。


「ゆ、ゆうきくんっ!?…だ、だいじょうぶっ!?」

あみは、倒れたゆうきを手で支え話しかけた。


「うっ…うううっ…。」

するとゆうきは目を開けた。


「あっ!ゆうきくんっ!!目をさましたっ~!!よかったよぉ~~泣!!」

ヒシッ....!!

あみちゃんは、ゆうき君に抱き着いた。

「あ…あみ……ちゃん…?あぁ…♪。本当によかったよっ…ふふっ♪」

ギュ.....!!

ゆうき君も、あみちゃんを抱き返した。

「ゆうきくんっ…よかったよかったぁ~泣。怖かったよぉ~…。」

そういいながら、あみは泣き顔をゆうきにすりよせた。

「ナデナデ...うひひっ♪…あみちゃ~ん♪僕がついてるんだからぁ~。
もう…大丈夫ダヨ?…ウヒヒッ♪」

誠実そうだったゆうきは、一転して気持ち悪い目線をあみに向けた。


「う...うんっ~!!」


「それにしても、あみちゃんは結構発育いいねっ…モミモミ…えへぇ?」




「ひゃあ!?…ゆ、ゆうきくんっ~!やめてよぉ~!!汗」


「あみちゃん~♪?命の恩人にその言い方なのかい??ほらほら~モミモミ…モミモミ…あひゃひゃひゃ~気持ちいぜぇ~~☆☆!!」


「ひぃっ…や、やめt」


「あそこも…スリスリ...スリスリ...うはぁ~♡ほんっとうに女のあそこってなにもないなぁ~♪
まぁ僕のおもちゃになってもらうんだしっ♪どうでもいいよねっ☆☆」



「ほらほら~!あ~みちゃん♪僕のゾウさんだぞぉ~♪♪イヒッ・・イヒヒヒッ♪」


「ひぃっ!!?……い、いやぁ…ゆうきくん…どうしてっ…!?泣」


「あはははぁ~?さっきのおね~さん?も言ってたじゃないっ♪…キュンキュンしちゃったぁ~って?僕も、あみちゃんに....ムラムラしてたんだよねっ☆あはははぁ~~♡」


モミモミ...モミモミ...グチュグチュ.....

「あっはぁぁぁ~~♡♡♡
あみちゃん~~~きもっちぃぃぃ~~♡♡♡」


「あっ…ヒィン!!…い、いやぁ…い、いやぁ…アヒィン...あっ…あっ…ビクン....ビクン.....ヒック…ゆうきくんっ…やめてっ……泣。
も、もう無理だよぉ~。う、うえ~~~んっ。」

ついにあみは泣き出してしまった。


「ご、ごめんごめん......汗。……あみちゃん。もう僕は何もしないからっ…!」


「ひっ…ひぃぐ.....ほ、ほんとぉ....?」


「本当本当っ!…ほらっ、あみちゃんっ♪
砂場だよっ…!ゾウさん…作ろう…?」


「う、うんっ~~。ゆうきくんがおかしくなっちゃったとおもって~~泣。
ひぃぐ.......ゾウさん…つくるっ?」


「うんっ。あみちゃん♪作ろうっ」


「う、うんっ…!ゆうきくんっ…♪」


「あっ…そうだ…あみちゃん!あみちゃんは、バナナって…好き?」


「ひぃぐ...ふぇ?バナナ…?わたしは…ゆうきく…じゃなくて、
バナナは…すきなほう…かなぁ…」


「いひひひっ~~♪やっぱりバカな女~♪♪僕の全力のバナナビーム!!...カクン」


その瞬間、ゆうきのあそこから黒い光が、あみの股へと侵入した。


「えっ…?ゆ、ゆうきくん…?なにをいってるn……んんんんっ!?
な、なに…!?おなかの下がモゾモゾして....グチュグチュ...あっ…あっ…ああぁんっ!!!………………カクン」


ゆうきとあみの両方が突然倒れた。
先に目を覚ましたのは・・・あみだった。



「んんっ…………!……ぱちくり……ぱちくり。」

「あー…あーー。ゆうきく~ん?」

「あっはははぁ~♡ゆうきくぅ~~ん♡♡♡
わたしもぉ…乗っ取られちゃったぁ~~♡あはははぁ~?」
「わたしぃ~、乗っ取られて....し・あ・わ・せ♡♡♡....キャハハ♪」

涙を顔に浮かべながら、突然ニヤニヤと、あみは笑い出した。


「砂場のゾウさんとか……興味ないしぃ~♪」


「わたしぃ~、あみちゃんが興味あるのわぁ~、ゆうきくんのゾウさんだけっ♡」


「えへへへぇ~♡わたしってこ~~んなにえっちぃ~なんだよぉ~?ゆうきくぅ~ん♡」


モミモミ....モミモミ....


「ヒィン♡ビクンビクン♪♪…あっはぁ~いっちゃったぁ……♡
この女…まだ未発達だけど、あそこは感度いいじゃねぇかぁ♪うひひっ♪」


「さ~てとぉ~。ばなな~♡ばなな~♡♡」


そういいながら、あみは美樹が着ていたバナナの着ぐるみを着だした。

「わたしのからだ…ちっちゃ~!せっかくのかわいぃ♡着ぐるみなのに
ぶかぶかじゃ~んっ!!ま、まぁいっかぁ♪わたしぃ~、このくさ~い衣装大好きぃだし♡!キャハハ~~~☆☆!!」

そういいながら、あみはぶかぶかのバナナの着ぐるみを引きずりながら、気持ち悪い笑みを浮かべて、またどこかへ歩いていくのだった。


                   ~THE END...?~

ある学校帰りの放課後、2人の女子生徒が話をしていた。

「えっ?最近変質者が出る?美樹~。それって本当~?」

友達の咲が言った。

咲は、ショートヘアーで陸上部に所属している生徒だ。
今日も体操服のままで岐路についている。

「本当本当!いきなり変な言葉をかけてくるらしいよ・・・!」

美樹が答えた。
美樹はロングヘアーで吹奏楽部に所属している生徒だ。

「えぇ・・・。怖いねっ!!ま、まぁ何かあったら美樹は私が
守ってあげるよ~!私、陸上部だから下手な男には負けないからねっ!!」

「えぇ~!咲~さすがに逃げようよ~笑。
ま、まぁ二人でいれば安心だね・・・!」

ガサガサ・・・ガサガサ・・・・。

「・・・・!?だ、誰っ!?」

そこからは、バナナの着ぐるみを被った男がのっそりと出てきた。
男は、ずんぐりしていて明らかに気持ちが悪い。


「う、うへ・・うへへへへっ♪お嬢ちゃんたち・・・バナナは好きかい?」

「ちょ、ちょっと・・!いきなりなんですかっ・・・!!
け、警察呼びますよっ・・・!!」

「ぐへ・・ぐへへっ・・。い、いや・・・何もする気はないんだよ・・・。
バナナが好きかどうかだけ教えてくれれば、すぐに消えるから・・・ウヘッ。」


「さ、咲・・・・?」美樹は心配そうな顔を咲に向ける。

「ほ、本当に答えれば消えるのね・・・?」

「あぁ。約束は守るよ・・・。」

「えっと、、、バナナ・・・?好きだけど・・・・」

「うへへへぇ!かかったなぁ~。バナナビーム!!」

突然男のあそこから黒い光が伸び、咲の股に入り込んだ。

「ひぅ・・!?な、なに・・・気持ち悪・・・」

「うへへへぇ・・・あぁ・・・気持ちいい感触だぁ~~はぁぁぁ~~」


「ビクン・・い、いや・・なにかが入って・・
ひっ・・・ひぅ・・・・あひぃん!!!!」

カクン・・・。突然、咲と男が気を失った。

「ちょ、ちょっと咲!?・・・だ、大丈夫!?」

すると咲は目を開いた。

「う・・・ううんっ・・・・・。み、美樹・・・?」

「あっ。良かった!目を覚ましたんだ!さk」

「うひひひっ~~♪♪美樹~~♡もう大丈夫だよぉ♡
ギューーー♡」

突然、咲が美樹のことを抱きしめ始めた。

「ちょ、ちょっと咲!?突然どうしたの!?」

「美樹~♡?なんでもないよっ~♪もっと楽しもうよぉ~
ほらほらっ~♪♪ギュギュギューー♪♪」

「ちょ、咲・・くるし・・・チュッ♡・・・んんっ!?」

「美樹ちゃんの口の中あま~い♪♪まるでバナナ・・みたいだねっ♡」


「さ、咲!?・・バナナって・・・さっきの男の人が言ってた・・・」


「まぁそんなことどうでもいいじゃん♪♪
どうせ美樹の握力じゃあ、陸上部のわ・た・しの力にはかなわないんだしぃ~♡」

バタン・・・!!

「な、なにを・・・い、いやっ・・!!」

突然、咲は美樹のことを地面に押し倒した。

「ほ~ら♪こんな簡単に美樹のこと、捕まえちゃったぁ♡
ほらほら~!もっとお互いくっつきあおうよぉ~♪」

ゴシゴシ・・・ゴシゴシ・・・

「うっはぁ~♡やわらかっ・・・。
おっぱいも・・・ギュギュギュー♡やわらけぇ~ぐへへへっ~
咲ちゃんよりおっきいおっぱいじゃねえか~。」

「や、やめ・・・あ、あなた・・・咲じゃ・・・ないの・・・」


「美樹ちゃ~ん?バナナって・・・好き・・・?」


「バナナ・・・・?嫌いだけど・・・・。」

「待ってましたぁ~♡バナナび~む♡」

今度は、咲の股から美樹の股へ黒い光が入り込んだ。

「さきちゃ・・・・ひぅ!?・・・あこそが・・・グチャグチャすr・・・ひぅぅん!!!」

カクン・・・。同時に咲と美樹両方が気を失った。
先に立ち上がったのは・・・・美樹だった。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・??」
「・・・・・・ボイン。いひぃ~~♡」
「あひゃひゃひゃ~!今度はこっちのおっぱいのおっきい女かぁ・・。
あそこもグチュグチュして・・・・サワサワ・・・サワサワ・・・アヒィン♡」

突然、美樹が先ほどとは違ういやらしい声を出し始めた。

「ふぅぅ~~♡この女感じてんじゃ~ん♪♪気持ちいいっ~♡」

「さーてとっ♪バナナ~♡バナナ~~♡♡」

そういうと、美樹はさっきまで男が着ていたバナナの着ぐるみを付け出した。

「このバナナの服・・・くっさ・・・。まぁ俺の愛着なんだけどっ♪
ふっふふ~♡今は、私・・・美樹の愛着ぅ~~♡バナナ~♡キャハハ☆」


「この服って結構卑猥じゃ~ん♪♪
さ~て、今度はどの子とあそぼっかなっ~♪♪イヒヒッ☆」


                ~続く.....?~

↑このページのトップヘ